5G通信を用いた自動運転タクシーの実証実験 4日間にわたって開催

新宿区内での感染者数の推移

西新宿2丁目今年に入ってから携帯電話会社が5G通信のカバーエリアを発表したり新宿住友ビル前などで5G通信を使った複数企業の実証実験が行われるなどしていますが、本日から日曜日までの4日間にわたって、5Gとタクシーを用いた実証実験が行われます。

KDDIや損保ジャパン、アイサンテクノロジーといった複数の企業などが共同で行うこの実験では、近年各地で普及したトヨタ製の「JPN TAXI」に自動運転システムを導入し、一定のルートを自動運転という形で走行していきます。試乗の予約自体は10月で終了してしまったため、今から乗車することは不可能ですが、期間中は京王プラザホテルから新宿中央公園の水の広場までを「非通信型自動走行」という手段を用いて走ることになっています。また、本日限定で「遠隔型自動走行」なる手法も用いられ、京王プラザホテルからKDDIビルまでの短距離を走行していたようです。

今回の実験を経て、各社では西新宿における移動の課題などを洗い出し、解決方法を模索していくとのことですが、技術の発達次第ではアニメなどでの話でしかなかった「自動運転車が常識の世界」の第一歩につながっていくかもしれません。なお、本日の実証実験では、かつてヤフーの社長を務めており、現在は東京都の副知事でもある宮坂学さんが体験し、感想を述べるなどされていました。

西新宿エリアで5Gを活用した自動運転タクシーの実証実験(フェーズII)を始動 – PDF

広告