新宿中央公園初となる映画上映 27日から3日間開催

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

新宿中央公園ルミネなどの商業施設では、屋上などを使って無料で映画を上映するイベントなどが開催されることがありますが、同様のイベントが新宿中央公園でも行われることになりました。

企画したのは小田急電鉄と、映画関連のイベントを手掛ける株式会社boidの2社で、水と緑のEvening Bar!!! 2016と連動する形で実施されます。プレスリリースとして配信されたイメージ写真には、新宿ナイアガラの滝の向かい側にあたる道路近くに巨大なスクリーンを設置し、水の広場にいればどこからでも映画を鑑賞できるような環境が整えられています。昨年にはテントが貼られて演劇が行われていましたが、公園内で映画を上映するのは今回が初めてだそうです。

上映は27日から29日までの各日19時頃からの予定で、ラインナップは27日から順番に未知との遭遇、スパイダーマン、ザ・ウォークとなっています。小田急第一生命ビルが完成する前の作品から、今年上映されたものまで、バラバラの時代(?)から揃えられた3本ということもあり、若年層の方からシニア世代の方まで、様々な人が楽しめる企画になるかもしれません。なお、屋外での上映ということで、雨が降った場合はビアガーデンと同じくイベント自体が中止となります。


新宿中央公園で初の映画上映イベントを開催!新宿高層ビル街で映画を楽しみながら憩いのひとときを|小田急電鉄株式会社のプレスリリース

広告