震災から半年の節目に行われた「9.11 新宿・原発やめろデモ!!!!!」の様子

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

新宿では3か月前の6月11日に約2万人が集まって行われた脱原発デモがあり、規模や世間の原発に対する関心もあって非常に話題になりました。それから3か月が経過し、東日本大震災、そして福島第一原子力発電所の事故から半年となった今日、再び脱原発を求めるデモが新宿で行われました。

今回は直前に新宿警察署からコースの変更があったと主催者から発表がありましたが、当初のスタート/ゴール地点であった新宿ステーションスクエアでは多くの人が集まっておりました。毎週日曜日は元々歩行者天国がおこなわれていたので、それに配慮するためにコースを変更したのかもしれません。

警察車両はもちろん、警察官の人数もデモ行進と関係ないコースにも関わらず100人近くが待機や歩行者の誘導等を行っていました。

そして、新宿駅の周辺には、このデモに触発されたのか右翼団体の街宣車両が2団体(6台)に分かれて走っていました。ただ、内容は「民主党政権を終わらせよう」と言った主張や国歌・軍歌の放送など、今回のデモとは直接関係ない主張が多かったような気がします。

そして、デモの出発・到着地点となった新宿中央公園の水の広場では、2時前からすでに多くの人が集まっていました。中には既に興奮状態だったのか、警察の人に対して「バカ野郎」などと大声でけしかけている人の姿もありました。

デモの参加者は新宿駅から来る人が多かったのか、西口につながっている道から都庁脇の階段を利用して中央公園に来る人が大半を占めていました。都庁前から来た人は、プレス関係者やフリーの記者と思われる人たちが多かったような気がしました。

デモの出発前には、一部のスペースで「行進中に人種差別発言をしてはいけない」「警察の指示には反発してはいけない」などの注意喚起がおこなわれていました。

30分ほど前にはまばらだった人も

15分ほど前にはその倍近くにまで膨れ上がりました。時をほぼ同じくして、都庁の下あたりには他の管轄から出張してきたと思われる警視庁の人々も集まり出し、3グループ・それぞれ50人~200人ほどの団体になっていました。

歩道橋からの光景はこのようになっていました。

地震の発生した時刻である2時46分には、ごく一部の人が黙祷を行っていましたが、ほとんどの人がシュプレヒコールをあげるなどしており、「震災の件」についてはあまり気づいていない様子でした。

デモは3時過ぎにスタートしましたが、一般車両の通行止めを行っていなかったので観光バスやタクシーなどが足止めされていました。また、スタート早々に警察の人ともみ合いになってしまったのか、検挙される人もいました。

デモ隊が全員出発した後も、警視庁の腕章をつけた私服の人々やデモを誘導していた警察官の人があわただしく周辺を走り回っていました(Twitterに投稿した「参加人数2010人」というのは、この時に耳にしました)。

甲州街道沿いに進行していたのですが、デモの誘導がうまくいかなかったのか、団体と団体が離れすぎてしまっていたり、5分~10分近くにわたってストップを余儀なくされるなど、最初はぎこちない動きが目立ちました。

「サウンドカー」と呼ばれるDJ機器や大きなスピーカーが搭載された車には、ヒップホップアーティストのECDさん、RUMIさん、そしてDJ KENTさんなどが乗っており、脱原発ソングを披露した他、警察官とともにデモ隊の速度を調整するなどの「指導」も行っていました。

新宿駅南口では、南口の歩道からデモの様子を見物している人が目立ちました。日曜日ということもあり多くのカップルらが興味半分といったような顔でデモが通り過ぎる様子を見守っていました。

また、新宿フラッグスビルの下では、社民党の車が止まって原発に関する演説を行っていました。普段このスペースは右翼団体や、いわゆる「ネット右翼」と呼ばれる人々に近い思想を持った団体などが頻繁に演説を行っているのですが、今日は日本国旗はおろか団体関係者と思われる人の姿すらありませんでした。

脱原発に関するメッセージを見てみると、大半が「脱原発」に関するもので占められており、前回のデモで目立っていた東京電力や清水前社長らへの批判のメッセージを込めたプラカード等は目視で確認した限りでは見当たりませんでした。ただ、今回のデモがおこなわれる直前に「放射能発言」で辞任に追い込まれた鉢呂吉雄前経済産業相の写真が貼られたプレート(?)や、死の街発言についてのやりとりに対する疑問を投げかけるプラカードを高らかに掲げる人の姿がありました。

前回のデモ同様、スタート時は声が小さかったデモ隊も、段々場のペースに慣れてきたのか声が徐々に大きくなり、新宿区役所前を通過する頃にはあちこちで大きな「脱原発の声」が上がるようになっていました。

報道陣などの人々は、「絵になる場所」をある程度分かっているようで、ファーストキッチン前や大ガード下、各歩道橋の上といった場所に多く集まっていました。確認しただけでもTBS、NHK、東京新聞などのメジャーなマスコミのロゴが数多く確認できました。

警察の人々はコクーンタワーあたりから再びガッチリとしたデモ隊の誘導を始め、ある程度のラインからはみ出て一般車両の通行の妨げになったりしないように、両脇からデモ隊を監視していました。

進行をしている時は全く問題はなかったのですが、確認した中ではスタート時に1人、そしてゴール直前で1人が警察に連行されていました。ちなみに、ゴール前での検挙時には、「東電の清水を逮捕しろ」などという声が飛び交っていました。

今回は大手メディアの報道によると、参加者は主催発表で約1万人、警察側の発表(?)によると約2200人だそうです。また、逮捕者は12人にも達したそうです。YouTube上には既に今回のデモに関する動画がいくつもアップロードされており、その中にはデモの参加者が警察に逮捕される瞬間の映像等もアップロードされていました。

このデモの行進後は、参加者のほとんどが新宿アルタ前に集まったそうで、いとうせいこうさんや福島瑞穂さんの呼びかけ、演説などがおこなわれていたとのことです。

9月11日に「9.11 新宿・原発やめろデモ!!!!!」を開催へ
『6.11脱原発100万人アクション』動画まとめ
『6.11脱原発100万人アクション』新宿駅東口周辺の様子
『6.11脱原発100万人アクション』の新宿中央公園付近での様子

・脱原発デモで12人逮捕、機動隊員暴行などで
・東京・新宿で脱原発デモ=参加者1万人練り歩く

広告