地下には「立ち入り禁止エリア」も リーベンハウス新宿住友ビル店が移転オープン

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区内での感染者数の推移

リーベンハウス新宿住友ビル店一昨日から移転作業を行なっていたリーベンハウス新宿住友ビル店ですが、本日から1階での営業を本格的にスタートさせました。

WILLERバスターミナル新宿西口の時にも小さく営業をしていたのですが、今回は西側の全域をリーベンハウスが使えるようになっていて、地下1階の広さと比較すると商品陳列スペースだけでも3倍前後の広さになっていました。正面に壁が作られているとは言え、ガラス張りの窓が用意されているということもあって、蛍光灯の明かり以外にも日差しが入り込み、全体的な雰囲気まで明るく見えました。窓際には瀬戸内レモンを材料に使用したサブレやくまモンの芋焼酎なども置かれていて、他のコンビニとはまた少し違った商品のラインナップとなっています。

オープニングセールなどは大々的に行われていませんが、シュークリームとエクレアがそれぞれ30円引きになるキャンペーンを行なっています。が、お店を見に行った時にはどちらも「十分な在庫」が用意された状態で、おにぎりやお弁当などがほぼ完売状態でした。また、バヤリースやQooが300円台後半で販売されるなどの「強気な値段設定」も、そのまま引き継がれていました。

なお、7月1日にはクラブツーリズムも1階へ移転していますが、その出入り口近くには「立ち入り禁止」の柵が設置されており、エスカレーター横の住友ホールへ繋がる道なども全て内装工事のために封鎖されていました。工事の期間については記載されておらず、このまま大々的な工事へと繋がる可能性もありそうです。


リーベンハウス新宿住友ビル店リーベンハウス新宿住友ビル店住友三角街
リーベンハウス Rieven House | シティコンビニエンス
新宿住友ビルリニューアル工事 完成までの様子

広告