銀座に志かわ新宿西口店 リニューアルのために一時閉店中

新宿区の感染者数について(外部サイト)

銀座に志かわ 新宿西口店西新宿7丁目で営業を行っていた花水木が閉店するなど、一時期はブームになっていた高級食パン業界にも、タピオカブームのような逆風が吹いていますが、新宿において比較的先駆者的な存在であった銀座に志かわが、一時閉店という措置を取っています。

同店の入り口では、12月31日をもって一時閉店すると書かれた紙を貼っており、同時にリニューアルオープンについて言及している一文もありました。具体的にどのような形でリニューアルを行うかなどはもちろん知ることが出来ませんが、年末年始ということもあって、外観などには一切の変化がありませんでした。タイミングの問題かもしれませんが、ここ数カ月は予約商品を受け取りに来たと思われるお客さんの姿も見かける機会が減少しており、店員の方が屋外に出る形の積極的な宣伝なども行われていない印象でした。

新宿西口店のみならず、最近は秋葉原店、中目黒店、恵比寿店、鷺宮店といったエリアでも、リニューアルオープンを行うという事情での一時閉店を行っているそうです。この辺りの店舗については、今後同一の別ブランドとして再スタートを切ることになるのかもしれません。

店舗一覧 東京 – 銀座に志かわ

広告