新宿中央公園の北部にある芝生広場など 工事のために「原則」3月まで立ち入り禁止


新宿中央公園来年オープンする新しい施設に向けて、かつての健康遊具スペースで大掛かりな工事が行われている新宿中央公園ですが、北部一帯にある緑の広場が今週から大規模な整備工事を行うことになり、広い範囲が立ち入り禁止になりました。

9月2日から段階的に芝生広場などの一帯が入場できなくなりましたが、いずれのスペースも今年中に再度オープンすることはないとのことです。また、水の広場の北側にある園路と北階段については、11月上旬まで通行止めということで、今回立ち入り禁止になったエリアの中で最も早く再整備が終わる予定になっています。ただ、仮囲いの中でも公園を訪れた人が利用できる通路が数カ所用意されており、特に最北端のトイレと健康遊具の場所については、封鎖期間中でも楽しめるとのことです。

再オープンについては来年の3月下旬ごろを計画しており、お花見シーズンまでには間に合う可能性があります。

整備工事による利用規制・通行止めのお知らせ(改) | 新宿中央公園

広告