今日オープンのアルペントーキョー 商品の割り引きやノベルティプレゼントなどを多数実施中

新宿区の感染者数について(外部サイト)

アルペントーキョー新宿ユニカビルでの営業を開始したアルペントーキョーでは、系列の3店舗がそれぞれの特色を生かした展開を行っており、お得な各種キャンペーンの実施のほか、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEと同店だけのタイアップコラボを行うなど、宣伝においても非常に力の入れた活動が行われていました。

ヤマダ電機時代は9階まで売り場の展開が行われていましたが、現在通常通りお客さんが入れるのは地下2階から7階までの9フロアとなっており、地下2階から3階までがスポーツデポ、3階から5階がAlpen Outdoors、6階と7階がGOLF5となっております。一番多くのお客さんが入る1階部分は、運動靴以上にバスケットボール関連商品が多数揃えられており、八村塁選手のポスターが店内で飾られるなどしていました。また、今日の午後の段階で完売になる商品もあったようで、店員の方がやや驚きながら「本日の販売は終了しました」の札を貼る姿も見かけました。

日本でメジャーなスポーツである野球の売り場は地下2階で展開されていて、子供向けの野球用具から社会人野球などでも使用されるような本格的なグッズ、さらには侍ジャパンのユニホームや国内外の球団をテーマにしたNEW ERAキャップ、成長期の子供向けに設計されたプロテインなどと言った「間接的に関係する商品」も揃っていました。一部スペースでは野球の素振りを体験できる場所も確保され、販売されている商品を実際にその場で試すことも可能です。ただ、エスカレーター下にある「投球エリア」のような場所は、単なる飾りとして作られたものなのだそうなので、商品を試される際は場所を間違えないよう注意が必要です。

Alpen Outdoorsでもテントを張れる体験スペースを用意するなど、自ら商品を試せる機会が設けられていますが、芸人のヒロシさんやココイチ、日清食品とコラボしたグッズ展開スペースもあり、それぞれキャンプグッズやカレーメシなどの販売が行われていました。また、ビックロでも展開を行っているスノーピークの売り場も比較的広めに作られ、スポーツエリアにおけるアディダス売り場のように、ブランドごとの販売スペースが目立っているのも特徴的に思えました。

8階にあるゴルフ商品売り場でも商品を試せるエリアがあり、事前の予約を行うことで、各種クラブなどの使い心地をその場で確認できます。現地を確認した時には、体験スペースで順番待ちが発生するほどの人気ぶりで、逆側のスペースにいても勢い良くボールを打つような音が、かすかにきこえるなどしていました。

会社を挙げての大型出店となった今回は、建物内に開店祝いの花が多数飾られ、様々な企業や団体などからお祝いされていました。各店舗と馴染みの深い企業だけでもパタゴニア、ゴルフダイジェストオンライン、ラルフローレン、BEAMS、スノーピーク、旭ゴルフ、ダンロップ、アシックスの名前があり、読売新聞、中日新聞、鹿児島テレビ、名古屋テレビなどの報道機関、レオパレス、吉本興業、ウォルト・ディズニー・ジャパン、三井住友銀行、三菱UFJフィナンシャルグループのような大企業、そして商店街の振興組合、ビルを管理する株式会社ユニカなどからのお花も飾られていました。

先着順という形で複数の開店祝いキャンペーンも実施し、THE NORTH FACE、コールマン、スノーピーク、ジャックバニー、セント・アンドリュースなどの各商品を一定金額以上購入することで、それぞれノベルティのプレゼントが行われることになっております。アルペン側で独自に行っているキャンペーン(?)もいくつかあり、例えば新たにゴルフクラブを購入された方を対象に、中古のゴルフクラブを買い取る際の金額を引き上げるなどの企画を告知していました。チラシでも様々な商品の値引き情報を記載していますが、実際に現地を確認してみると、特に衣服類の値引きが目立っているように見えました。

9階についてはどのような使われ方をされているのか不明ですが、案内用のポスターには8階について「Coming Soon」と記載されていて、店員の方にお話を伺った所、オープンまでには間に合わなかったものの「特設スペース」のような使われ方をするかもしれない、というお返事をいただきました。また、地下2階にあるサブナードとの連結口は、売り場の方も「詳しく聞かされなかった」そうで、ここが通用口になるかどうかは今の所未定とのことでした。

アルペントーキョー[Alpen TOKYO]
4月1日(金)「Alpen TOKYO」オープン THE RAMPAGE from EXILE TRIBEとのCM楽曲タイアップ決定!|株式会社アルペンのプレスリリース

広告