あらゆるものを擬人化した「もえしょく」のフェア マルイアネックスでスタート

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

もえしょく最近ではビックカメラ新宿西口店のTwitterも「キャラクター」として活動していたりと、企業などによる擬人化を取り入れたPR活動をしばしば見かけますが、先週までぼのぼのの物販イベントが行われていたマルイアネックスの物販スペースでは、様々な擬人化されたキャラクターの紹介や商品販売を行うフェアが開催されています。

もえしょくと呼ばれるこのプロジェクトでは、地域から食べ物まで様々な物がデフォルメ化されたり「萌え系」の絵として描かれていて、今回のフェアでもそのタイプのジャンルの絵があらゆる所に飾られていました。大きく宣伝されているキャラクターの中には、富士山を擬人化した「ふじたん」や、静岡県が好きな5人組ユニットという形で描かれた「DAMONDE5」など、意図的になのかは分かりませんが静岡県に関連するキャラクターが目立っています。

陳列されている商品には擬人化されたキャラクターのクリアファイルや小物類なども置いてあり、よく見かけるキャラクターグッズ類の販売と同じような展開をしていました。また、カレーやお茶などの食品類も並べられていましたが、こちらは擬人化の原案となった商品だそうなので、丸美屋が販売するキャラクターものの食品と同じく、いずれも「王道の食材」などが使われた商品となっています。

写真の中央部分にあるように、人気キャラクターを決めるための投票に関する案内板も設けられていて、投票された人はランダムでカードを1種類貰えます。イベントの期間は20日までで、8月に投票結果が発表され、イラストレーターの方に表彰状とノベルティが渡されるとのことです。

[amazonjs asin=”B015FILL2C” locale=”JP” title=”丸美屋 ポケモンカレー<ポーク&コーン甘口> 160g×10個”]

もえしょく(地域活性プロジェクト)in新宿マルイアネックス|新宿マルイ アネックス

広告