新宿から撤退していた十割蕎麦嵯峨谷 京王モールに新店舗を出店へ

新宿区の感染者数について(外部サイト)

京王モール小田急エースの北館で営業を行っていた立ち食いそばの梅もとが南館へ移動して1カ月が経過しましたが、隣接する施設の京王モールでも立ち食いそば形式の飲食店が誕生することになりました。

12月10日からの営業開始を予定しているのは十割蕎麦嵯峨谷で、他店同様に安価でそばを提供しつつ、わかめを無料でトッピングし放題という特徴もあります。同チェーン店は小滝橋通りと歌舞伎町の靖国通り沿いで長らく営業を行っておりましたが、 新宿小滝橋店は昨年の7月に、歌舞伎町店は8月に閉店し、その他のエリアでも店じまいを行うなどして規模を縮小していました。これによって「新宿の嵯峨谷」が存在しない状態が1年以上続いていましたが、今回の新店舗出店により、再び新宿の地へ戻る形になります。

オープンまで1カ月を切っていますが、今の段階では吉野家などの時のように大々的な工事が行われている姿は確認できず、求人サイトでも「入居者向けの区画」の場所を告知している程度で、具体的な営業テナントについては明らかにされていません。ただ、現在シャッターが閉まっている場所は京王モールの北側にある2カ所だけなので、京王モールアネックスへの出店でないのであれば、そのどちらかで営業を行う可能性があります。なお、一帯の通路にある立ち食いそば店は、新和そばを含めて3店舗目になります。

十割蕎麦嵯峨谷 新宿京王モール店 /3店舗同時募集のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し
【閉店】嵯峨谷 歌舞伎町店 (サガタニ) – 新宿西口/そば | 食べログ
【閉店】嵯峨谷 小滝橋通り店 (サガタニ) – 西武新宿/そば | 食べログ

広告