「腕時計をはめたまま逃走」の窃盗事件 新宿3丁目の大黒屋で発生(FNNより)

新宿区の感染者数について(外部サイト)

大黒屋 新宿2番館「試着のつもりで時計をはめたまま商品を盗む」という典型的な手口の窃盗事件が新宿3丁目の質屋で発生し、現在も容疑者の男が逃走しているようです。

FNNでは店舗名を伏せて事件に触れていましたが、TBSでは大黒屋での事件であることを明かした上で報じており、両記事の映像から大黒屋の新宿2番館での出来事であることが明らかになっています。盗まれた腕時計は300万円以上するロレックスブランドのものだそうで、店員の方の隙をついて店から出て行ったとみられています。ただ、店員の方へ危害を加えたり、店内の物を破壊するなどの行為は行われなかったようで、このことから強盗容疑などでの捜査は行われていません。実際に現地を確認したところ、300万円もの窃盗被害が起きたとは思えないほど、通常通りの営業が行われていました。

逃げた男は当時ニット帽を被っており、上下黒の洋服を着て来店し、身長が155cm前後の20代から30代とみられています。なお、同様の手口の事件は過去にもありましたが、別の店舗で売却を行う際に犯行がバレて捕まるというケースが何度かあるため、場合によっては比較的スピード解決に向かう可能性があります。


300万円超のロレックス腕時計 男が試着しそのまま逃走|TBS NEWS

広告