「新宿駅北東部地下通路線」の計画 新宿区と西武鉄道が概要を公開

新宿区の感染者数について(外部サイト)

新宿3丁目新宿駅の北西エリアで進められている地下の工事が、目に見える形で変化を遂げ始めている中、新たな地下通路を作る計画の素案が、新宿区の公式サイトなどで発表されています。

この計画はメトロプロムナードと新宿サブナードを直接つなぐ新しい地下ルートを作るというもので、完成すれば新宿駅から西武新宿駅へのアクセスが従来よりも良くなります。元々この場所では今回の計画に類似した案が「新宿歩行者専用道第4号線」などの名称で一時的に浮上したこともありましたが、はっきりとした具体策として策定されることなく、今日に至っていました。また、この場所では新宿駅周辺での計画が頓挫した「地下の西武新宿線」の名残りもあり、計画が承認されれば同案の廃案も平行して行われる予定だそうです。

新たに計画された「新宿駅北東部地下通路線」は、大ガード下から西に延びる予定の地下道とも連携するほか、出入り口のような「枝分かれした道」が角筈ガード周辺に作られます。工事にあたっては西武鉄道が主導する形で行う予定で、メトロプロムナードから西武新宿駅に向かう時間を約半分にまで削減する狙いがあるとのことです。ただ、工事期間については現状未定とされています。

都市計画変更素案の説明会のお知らせ:新宿区
西武新宿駅の乗換利便性向上による新宿線のさらなる沿線価値向上ため、「西武新宿駅と東京メトロ丸ノ内線新宿駅をつなぐ地下通路」の整備に向けた検討・協議を進めます。 – PDF

広告