東京オリンピック関連の特設ショップ 新宿マルイ本館に誕生


マルイ本館昨年、ビックカメラ新宿西口店の2階にオリンピックのオフィシャル関連グッズを展開するショップが誕生しましたが、今週から新宿で2店舗目となる「TOKYO 2020」関連の期間限定ショップがオープンしました。

特設ショップではビックカメラ同様に各種スポーツ用品なども展開されていますが、オリンピックまで500日を切ったということで、それを記念した「500日前からのカウントダウンカレンダー」などが販売されていました。訪れた時にはスペース内にお客さんはいませんでしたが、敷地外の場所では中東圏から来たと思われるお客さんが記念の写真撮影を行っていました。

店員さんによると、一応期間限定店舗ではあるものの、東京パラリンピックが終了する9月ごろまでを目安に営業を続けていくとのことです。ちなみに、今回オープンした新宿マルイ本館のお店は新国立競技場まで徒歩で約2.2kmとなり、現段階では同競技場に最も近い特設ショップとなっています。

東京2020オフィシャルショップ一覧 | 東京2020オフィシャルオンラインショップ

広告