ビックカメラ新宿西口店に「東京五輪の公式ショップ」がオープン


ビックカメラ新宿西口店2年後の今日、国立競技場では東京オリンピックの開会式が行われる予定になっていますが、五輪まで732日となる昨日に、ビックカメラ新宿西口店にて東京オリンピックの常設ショップがオープンしました。

これまで期間限定ショップの展開は何度か行われていたそうですが、今回は初めての常設店ということです。2階にある一部分を改装して作られたこのエリアは、新たに作り直されたオリンピックのエンブレムをあしらったTシャツなどが豊富な種類で販売されている他、セーラームーンやプリキュア、ドラゴンボール、NARUTOなどのキャラクターが描かれたオリンピック関連グッズも展開されています。

衣服から扇子など、販売されているグッズの種類は多岐にわたっていますが、個数で最も多かったのは先日名前が発表されたミライトワとソメイティのぬいぐるみ類で、1つの棚が「専用」の状態になって販売されていました。元々ビックカメラのショーウインドー代わりに使われていたエリアにも、税別で13万円する巨大ぬいぐるみの展示が行われていました。ただ、書き換えが間に合わなかったのか、それとも意図的なのかは不明ですが、商品紹介のタグにはそれぞれ「オリンピックマスコットキャラクター」「パラリンピックマスコットキャラクター」という商品名が付けられていました。

東京五輪公式ショップ初の常設店オープン ミライトワ&ソメイティ連日稼働で大忙し | ORICON NEWS

広告