京王百貨店の「春の大北海道展」明日で終了


京王百貨店冬の時期に開催されていることが多い百貨店での北海道に関する催しですが、京王百貨店では今月のはじめから明日までの約2週間にわたって、春の北海道展と題した催しが開催されています。

季節があっていないこともあってか、冬の時期には見かけた旬の魚類を使ったお弁当などは販売されていませんでしたが、北海道の特産物であるイクラを1kg以上使った丼もの、赤肉のメロンが沢山差し込まれたパフェなどが提供されていました。奥に行くといかめしを扱うお店が複数ありましたが、どちらかというと、その周りにある肉料理を詰め込んだお弁当や揚げ物系の総菜を提供するお店にお客さんが集まっているような印象がありました。

春をイメージしたということで、桜ではなくイチゴを使った料理も複数あり、物産展の常連であるルタオや洋菓子アリス、ロイズなどでイチゴを練り込むなどした各種スイーツ類が楽しめます。明日までの期間中には100人に珍味が当たる「プレゼント抽選会」、Instagramを使った賞金付き人気投票なども行われており、よりお得にイベントを楽しめる仕掛けも用意されていました。

2019 春の大北海道展|京王百貨店 新宿店

広告