カギの救急車西新宿店 3月から「斜め向かいの建物」に完全移転


カギの救急車昨年、Nスタで店員の方が密着取材を受けるなど、こじんまりとしたお店でありながら「実績」を積んでいたカギの救急車西新宿店が、移転のために一時閉店しています。

ペットのコジマ肉のハナマサと同様、西新宿5丁目の再開発計画に伴って建物が取り壊されるためで、看板が取り外された旧西新宿店のテナントのビルには「A棟」の建築計画のお知らせが貼られていました。建物自体の解体時期は不明ですが、数年前からシャッターが閉まりっぱなしだった隣のスペースはもちろん、2階以上の各部屋からも人の気配が消え、文字通りもぬけの殻になっていました。

新店舗として、斜め向かいに位置する西新宿6丁目の建物が紹介されていましたが、この場所には何年も前からカギの救急車 西新宿店の「分館」が出来ており、今回の移転は一種の店舗縮小ということになります。新たな形になった西新宿店のオープンは3月となっており、写真を撮影した時には店舗のシャッターを半分締めた状態で、店員の方が何かしらの資材を仕分けるなどの作業を行っていました。

カギの110番・カギの救急車【店舗案内】鍵のトラブル|鍵交換|合鍵作成|鍵のことなら

広告