新宿住友ビル 中央通りと1階を結ぶ「大きな出入り口」を廃止

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区の感染者数について(外部サイト)

新宿住友ビル全面ガラスの屋根が設置され、本格的な稼働が始まるまであと約3カ月となった新宿住友ビルの広場ですが、工事の関係で長らく使用されていた「仮バージョン」の出入り口が、一旦閉鎖されています。

出入り口としての役目を終えたのは、新宿中央公園からトンネルを経由で新宿駅へと続く中央通りに面した部分で、駅から歩いてきた多くの人が、毎日このルートを利用してビルから出入りしていました。出入り口だった場所は既に「少し出っ張りのある壁」へと姿を変えており、ここ数十年の西新宿の歴史がわかる写真のコーナーが、一部だけ「移設」されていました。

警備員の方によると、出入口が変更になったのは一昨日からとのことで、今後再びあの大きな通路が開通するかどうかについては「分かりませんね」とのことでした。なお、今後中央通りを経由して新宿住友ビルへ入るためには、敷地の両脇に作られた小さな通路を経由することで、1階のエントランスエリアに行くことができます。

新宿中央公園

広告