小田急百貨店の「冬の北海道物産展」本日で終了

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区内での感染者数の推移

冬の北海道物産展小田急百貨店では、先週から北海道の様々な食品などを扱った物産展を開催しており、本日最終日を迎えます。

通常は会場の奥がスイーツ類や海産物を中心とした飲食スペースで占められていることが多いのですが、今回は帽子屋さんやはちみつを使った化粧品のお店などが商品を販売しています。また、駅弁大会では北海道新幹線を模ったお弁当箱が「中身入り」で並べられていましたが、こちらでは紙で作られた北海道新幹線の中にチーズが入れられています。最終日の日替わりメニューには、男爵いもやカニクリームといったポピュラーな具材からチーズフォンデュなどの変わり種まで用意されているコロッケのセットが限定100パックで用意されています。

アワビや和牛を1つの弁当箱に詰め込んだ約5000円のお弁当なども販売されている一方で、同様の物産展に度々出店しているドライブインいとうでは、小田急限定で3種類の豚肉を使った50食限定の丼もののメニューも提供しています。が、お昼すぎには完売するということもあり、イートインコーナーも変わらず充実しているようでした。

・冬の北海道物産展 | 小田急百貨店

広告