「スクープ」から約半年 新宿3丁目でルイ・ヴィトンの店舗が営業スタート

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

ルイ・ヴィトン11月の末日、かつてコレクトポイントが営業をしていた京王フレンテ新宿3丁目のビルに新しくルイ・ヴィトンの新店舗がオープンいたしました。お店のオープンはアパレル系のニュースサイトであるWWD.comがスクープとして今年の4月末頃にニュースを配信し、7月には建物を覆うような形でお店のオープンが正式に告知されていました。

お店の外観は同じく新宿3丁目で独自の店舗を構えているシャネルと同様、高級感の漂う金色を貴重としたデザインになっており、外側から見える場所には鹿のオブジェや風船とともに商品が紹介されていました。また、入り口にはドアマンの方も立っており、入店時から退店時に至るまで、一味違った雰囲気で買い物を楽しめるような設計になっています。中央部分は吹き抜けとなっており、お店の空間自体も開放的な雰囲気を醸し出していました。

お店がオープンする前日には、真木よう子さんやヴィトンの会長などが店舗を訪れ、報道関係者向けにテープカットを行うなどしていたそうで、高島屋にある店舗よりもはるかに大きな規模の店舗を新宿に「導入」したことへの本気度を受け取れるような気がしました。

ルイ・ヴィトン
南側に置かれていたシカの飾り物と風船、そしてヴィトンの商品です。

ルイ・ヴィトン
「シカ」自体が剥製ではないかと思ってしまうほど、丁寧に作られています。

【スクープ!】新宿伊勢丹前に「ルイ・ヴィトン」が路面店をオープン!

広告