映画上映も予定されている「水と緑のEvening Bar!!!2016」がスタート

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区内での感染者数の推移

Evening Bar!!!今月初旬からイベント告知が行われていた水と緑のEvening Bar!!!2016が、昨日からスタートいたしました。

今回のイベントは昨年と比較して約1カ月期間が延長されているだけでなく、小田急電鉄による映画上映も行われることになっており、今日のように雨さえ降らなければビールと様々なおつまみを新宿中央公園で楽しむことができます。また、公にはなっていない催しとして、こちらも昨年同様音楽ライブが行われることになっており、初日の日の入り前には数本のマイクとエレクトーンが置かれたスペースもありました。

会場には5台の車が駐車され、飲み物しか扱わないお店、食べ物しか扱わないお店、両方を扱うお店の3種類があります。食べ物は和牛ステーキや串焼き、もつ煮などの和食に該当するものが多く、外国料理っぽさを感じたのはナチョス、ステーキサンドイッチ、茹でアスパラなど指折り程度でした。サワー、チュウハイ、ウイスキー、カクテルといったお酒もありますが、ソフトドリンクも200円で提供されており、このあたりはチェーン店の居酒屋よりも「良心的な価格」となっています。
Evening Bar!!!Evening Bar!!!Evening Bar!!!
新宿中央公園 水と緑のEvening Bar!!!2016  | 新宿中央公園

広告