松本零士さんによる「特別授業」宝塚大学のオープンキャンパスで実施

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区内での感染者数の推移

宝塚大学エントランス部分の工事が間もなく終了する宝塚大学の東京新宿キャンパスで、24日にオープンキャンパスが開催され、その中に同大学の特任教授でもある松本零士さんが授業を行うことになりました。

松本さんの授業は「創作家になるには」というテーマが設けられていて、銀河鉄道999、宇宙戦艦ヤマト、1000年女王など、よく考えてみると普通はあまり思いつかないようなストーリーでもあるこれらの作品を、いかにして作り上げたのかなどを語られる予定です。授業の終了後には松本さんによるライブペインティングが開催されるということで、どのようにしてイラストを手がけているのかを、同じ空間で学ぶことも可能だそうです。

オープンキャンパスということで、他にもAO面談や入試相談といった入学や進路に関する催し、漫画の持ち込みスペースの設置や自ら作品を制作するワークショップ、在校生らの作品の展示も実施される予定です。タイムテーブルには松本さんの授業は10時30分から行われるとあり、各企画の中でも最も早い催しとなっています。オープンキャンパス自体は15時までで、予約などをすることなく来場することが出来ます。

・7/24|オープンキャンパス|宝塚大学 東京メディア芸術学部| 銀河鉄道999、キャプテンハーロックの松本零士特任教授による特別授業、ライブペインティングを実施します!

広告