西新宿8丁目のマンション建設「平成32年完了」に計画を変更

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

新宿区西新宿8丁目新築工事NSプラザ新宿の取り壊しもほぼ予定通り行われ、西新宿8丁目北部の駐車場が広くなってから1年が経過しようとしていますが、この場所に建設予定だったマンションの工事が、10月からスタートすることになると発表されていました。

この場所でのマンション建設は2年前からスタートする予定だったのですが、何かしらの事情によって一旦は「未定」となり、建築計画のお知らせの看板も駐車場の端にまとめて片付けられていました。今年に入ってから改めて看板が設置されていたものの、それでも工事の完了予定は未定とされていたため、どのようなマンションが建つのかというイメージ写真もないまま、計画の進捗状況なども謎に包まれていました。

設計者が変更になっているためか、今回改めて看板が設置されるにあたって建物の計画が「再々変更」されていて、建築面積がわずかに広くなったり、建物の高さにも誤差レベルの変更が行われています。建築主は看板を最初に設置した時と変わらず三和不動産の名前が記載されており、何事もなければ今年中に一帯から自動車が消え、防音シートなどで囲われることになります。

ここ数日は天皇陛下の生前退位報道が大きく取り上げられ、平成という元号自体も遠くない時期に終了する可能性が取り沙汰されていますが、看板には東京オリンピックの開催が目前に迫った平成32年3月末までに建物を完成させるとも説明しており、4年後にはザ・パークハウス新宿タワーに近いサイズのマンションが新たに誕生するかもしれません。

新宿区西新宿8丁目新築工事 建設予定地の様子
新宿区西新宿8丁目新築工事

広告