新宿中央公園の夏まつり、今年は8月20日と21日に開催へ

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

新宿のみならず、ここ数日は日本各地で猛暑日を記録するようになっていますが、そんな真夏にふさわしい納涼イベントとも言える「新宿中央公園 夏まつり」という行事が、新宿中央公園で開かれます。

先日は花園神社で盆踊りが開かれ、来月には熊野神社で祭りが開催されることになっていますが、それらのお祭りとはコンセプトが違い、ちびっこ広場を使って行われる昼の部では、綿菓子の販売などを始め、輪投げ、牛乳パックを使った工作、ヴィレッジ女神湖やグリーンヒル八ヶ岳の宣伝や打ち水などが開催される予定になっています。夜の部では、新宿ナイアガラの滝やフリーマーケットでおなじみの水の広場で、角筈青少年育成委員会主催による納涼盆踊りと、西新宿児童館の子どもたちによるよさこいソーランが披露されることになっています。

昼の部は20日の13時から16時までで、21日は開催されず、夜の部は20日の18時から21時、21日の18時から20時30分までと、それぞれ時間帯が違っていますので、お越しの際はご注意下さい。新宿区の公式サイトに詳細が掲載されていますので、詳しく知りたい方はこちらも御覧ください。

・新宿区のイベント情報

広告