2011 新宿エイサーまつりの様子を撮影してきました

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

朝は天気が悪く、天気予報でも雨の予報がおこなわれていたため、若干開催が危ぶまれていた今回の新宿エイサーまつりですが、開会式には朝までの雨が嘘のように晴れ渡り、夏らしい天気になっていました。

伊勢丹と新宿ステーションスクエアでは開会式前からエイサーの舞踊が披露されており、多くの人が写真を撮影したり、手拍子を打って音頭を取るなどしていました。


今年は東日本大震災の復興支援という意味も込められており、スタッフの中には写真のようなTシャツを着ている方もいらっしゃいました。また、始まってしばらくは、募金箱を持って歩くスタッフの方の姿も見られました。


開会前にすでにこれだけの人が集まっており、開始約30分前であるにもかかわらず、通行規制も一部で始まっていました。


開始の前には中山弘子新宿区長をはじめ、各商店街のトップの方や沖縄県の上原良幸副知事、新宿エイサーまつりの実行委員長である高野吉太郎氏、ミス沖縄の町田亜希さんなどが並んでいました。


オープニングセレモニーでは吉本興業の山田花子さん、石田靖さん、お笑いコンビ「しずる」の2人によるトークショーのようなことも行われました。また、今日の16時から行われた沖縄音楽フェスティバルに出演した古謝美佐子さんらによる演奏と、エイサー舞踊も披露され、最後には「開会宣言」で締めくくられました。ここからエイサーの披露がおこなわれます。


会場は大きく5か所に分かれていたのですが、当然どこも多くの人でごった返しており、一時は歩いて進むことすらままならないほどの大盛況になっていました。このお祭りでは屋台こそ出ていないものの、新宿マルイ本館前で「ファミリーマートの出張所」ができたり、普段はパンなどを販売している新宿中村屋本店前に冷たいドリンクを販売するスペースができたりと、一企業が屋台としての役目を担っていました。


一時は暑さで熱中症の患者も出るのではないかと心配したのですが、昼間の会場は日陰が多かったためか、会場近くに救急車が出動するといったことは起きなかったようです。夕方になると、雨もちらついてきていましたが、その雨に負けない声援と掛け声が新宿一帯に鳴り響いていました。






・2011 新宿エイサーまつり – livedoor PICS
・shinjuku-eisatv
・エイサー祭りオープニングセレモニーに石田靖、花子、しずるが登場!

広告