芸能花伝舎で「キッズ伝統芸能体験」の参加者を募集中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

日本の文化を伝え続けるために、各地で様々な取り組みが行われていますが、芸能花伝舎では、子どもたちを対象にした「キッズ伝統芸能体験」というイベントの参加者をスタートさせました。

この体験会は1回こっきりの「お試し」のような形ではなく、合計で16回のけいことリハーサル、発表会が行われることになっており、三味線などを使った長唄と呼ばれるものから狂言を始めとする能楽に至るまで様々なコースが設けられている、本格的なものになっています。形としては新宿三井ビルで行われている第九の発表会に似た所がありますが、第九が3カ月のレッスンとなっているのに比べ、この体験会は7カ月にも及ぶ長い期間が設けられています。

また、これだけの時間をかけると言う事もあって講師の方も本格的で、公益社団法人能楽協会や日本舞踊協会、公益社団法人日本三曲協会、長唄協会という、「その道のプロたち」が支援・協力をする事になっています。また、主催に東京都がつくなど、バックアップ(?)もかなり本格的なものになっています。

料金は1万円と割高に見えますが、1回あたりのレッスン料に換算すると550円という破格の安さになっています。申し込み方法はweb・eメール・FAXから選べるそうなので、興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

・キッズ伝統芸能体験 | キッズ | 東京文化発信プロジェク

広告