すき家 西新宿五丁目駅前店がオープン

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

震災の影響でオープンが伸びていたすき家の西新宿五丁目駅前店が、本日の9時にオープンしました。店内は非常に綺麗で、幼児用の席含めて合わせて25~30席ほど用意されております。

オープン後30分ほどしてから足を運んでみたのですが、店内にはスーツ姿の男性からお年寄りの夫婦まで、合計で10人前後が牛丼を食べており、まずまずの滑り出しだったようです。店員さんも初日ということもあり、万が一なにか起きたときのバックアップのためか、通常の店舗の3倍ほどいたような気がしました。外には花も飾られていたのですが、どこから贈られてきたものなのかは書かれておりませんでした。

オープン記念セールなどは特に行なっておらず、店員さんの1人が路上でチラシを配布してお店のオープンを周りに広めていました。チラシには「先着500名にお箸をプレゼント」と書かれていたのですが、在庫がなかったのか、それとも店員さんに言わなければもらえないのかはわかりませんが、「プレゼント」はいただけませんでした。


すき家や吉野家などの牛丼屋さんでは注文したレシートはトレーに載せてあることが多いのですが、このお店ではファミリーレストランなどで見かける筒(?)の中に収納されるそうです。また、他のすき家と違って、お水がセルフサービスに放っていないようでした(25日時点)。このオープンによって、今や売り上げで最大のライバルとなっている松屋、そして価格面で両社を上回っている牛丼太郎の三つ巴の戦いが繰り広げられることになります。ちなみに、店舗自体は西新宿4丁目にあります。


広告

広告

地域別新着記事