高島屋の地下1Fで「北海道小樽の味特集」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

高島屋の地下1Fにある催物場では、小樽市の名産品をピックアップして販売する「小樽の味特集」というフェアを17日までの日程で行っています。

このフェアで出店している店舗は4つで、小樽ミコマの「釜元弁当」や小樽ぼんきの「たこザンギ」、「しらゆき餃子」、「海鮮しゅうまい」、山下水産からは「生たきしらす」を始めとした様々な海産物、そして小樽洋菓子舗LeTAOの人気スイーツ「ドゥーブルフロマージュ」など、様々な商品が販売されております。ちなみに、LeTAOではスイーツの販売で発生した売り上げや従業員らから集めた募金などの一部を義援金として日本赤十字社に寄付しており、4月25日までに750万円以上の寄付を行ったそうです。

今回は珍しく(?)肉類・野菜類の販売がほぼ無いフェアとなっており、小樽市やその周辺からの海産物を中心に調理された商品・そのままの商品の数々が販売されております。


広告

広告

地域別新着記事