角筈特別出張所と柏木特別出張所などで「乳児のための飲料水」を提供開始

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

新宿区は、都の水道水から国の基準を超える放射性ヨウ素が検出されたことを受けて、飲料水の提供を始めます。配布の日時は本日24日の17時からから26日までの3日間となっております。

この措置は新宿区役所ではなく、新宿区内に点在する10の出張所で行われており、西新宿では角筈特別出張所、西新宿の一部と北新宿では柏木出張所が最寄となります。必要となるものは「ペットボトルを入れることができる袋」と母子健康手帳の2つとなっています。

ちなみに、「乳児に水道水を摂取させてはいけない」という制限は15時20分頃に解除されていますが、報道では「一旦解除」というニュアンスで伝えられておりますので、もしもの時に再び混乱にならないように、念のためにもらいにいくというのも手段の一つとして考えておいたほうが良いかもしれません。


・乳児のいる家庭への飲料水(ペットボトル)の提供 – 新宿区

広告