杉本ビルの飲食店 2店舗が同時に閉店

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区内での感染者数の推移

杉本ビル西新宿3丁目の杉本ビルが解体されるため、居住者や会社などが次々とビルから去っている中、同ビルで営業していた2つの飲食店も、昨日店じまいを行いました。

京王百貨店の労組などが入っているビルとの間にある狭い路地で長らく営業を続けていましたが、どちらの店舗もビルの解体という形で西新宿から姿を消すことになりました。今日の昼頃に2店の様子を見に行った所、既に荷造りなどが始められており、お店で使っていたと思われる道具や飾り物、工事用の器具などが外に置かれていました。

杉本商店はこのままお店を畳むことになっており、韓国料理店のジョッパルゲは来月までに荻窪駅近くの商業用テナントに移転します。Google マップを使って検索してみたところ、杉本ビルからは中央線などで約30分ほどかかる場所になるとのことです。

杉本商店ジョッパルゲ

広告