セブンイレブン新宿京王店 23日から営業を開始

新宿区の感染者数について(外部サイト)

セブンイレブン京王新宿店小田急電鉄との提携に続く形で、京王線沿いにあった京王電鉄の各ショップがセブンイレブンに置き換えられていますが、23日から新たに「新宿京王店」の営業がスタートすることになりました。

元々この場所では「A LoT 京王線新宿西口改札店」が営業を行っていましたが、こちらは6月15日をもって閉店しており、以降は内部の改装作業などが行われていたようです。今の所はオープン日と求人情報のポスターしか貼られていないものの、他店と同じような動きをしていくのであれば、開店日から数日にわたっておにぎりや飲料などの一部商品が割り引かれた形で販売される「オープニングセール」が実施される可能性があります。なお、時給については1111円に設定されています。

これまで「新宿駅の枠内」で営業を行っていた店舗は6店舗あり、そのうちの5店舗が小田急電鉄に関係する店舗でもありましたが、今回の出店によって駅構内だけで7店舗のセブンイレブンが営業を行うことになります。ただし、いわゆる通常の店舗形式で営業を行っているのは小田急マルシェ新宿店のみとなっており、その他は基本的に売店形式の小さな売り場として運営されています。

店舗のご案内
店舗一覧(コンビニ) | 京王ストア・キッチンコート

広告