新宿区内初の「肉玉そばおとど」ほぼ新宿通り沿いの小道にオープン

新宿区の感染者数について(外部サイト)

玉肉そばおとど紀伊國屋ビルから撤退し、新宿2丁目で営業を始めたJINJINと同じビル内で、今週から「肉玉そば おとど」というラーメン店の営業がスタートしています。

セブンイレブンが入っているビルとの間にある小道で営業しているため、パッと新宿通りを見ただけでは分からない場所での営業となっていますが、シンプルな看板と赤いのれんが目印になっていました。運営会社のプロジェクトMは、これまで23区の東側を中心に様々な飲食店の展開を行っていて、今回の出店は新宿区内における初めての店舗となるようです。

看板にあるおかず系ラーメンという文言の通り、他のラーメンと比べても肉などのトッピングが比較的多い一杯となっており、通販サイトでは餃子なども別途販売されるなど、ご飯に合うラーメンというテーマに沿ったラインナップとなっているようでした。なお、開店祝いのお花の中には「第37代将軍徳川家康」や「岡崎の袴田俊彦」など、明らかにペンネームとして用意された名前を書いているものがいくつもありました。

肉玉そばおとど – 株式会社プロジェクトM

広告