新宿メトロ食堂街の店舗だった「永坂更科 布屋太兵衛」5月10日で営業終了

新宿区の感染者数について(外部サイト)

永坂更科 布屋太兵衛かつて存在した新宿メトロ食堂街を構成する店舗の1つだった「永坂更科 布屋太兵衛」が、5月10日で閉店することが決定し、店頭で閉店に関する告知が行われています。

立ち食いそばスペースと座席スペースが区切られているという、同チェーン店にしては珍しい形の営業方法が採用されていた同店ですが、月曜日頃から貼られていた閉店を告知する紙によると、同日は15時までという変則的な営業時間が採用されるそうで、ラストオーダーは14時になるとのことです。また、「近隣店舗」として麻布総本店を含む都内にある全店舗の名前が紹介されているものの、地図や外観などの情報は掲載されていないため、再び同点の味を楽しみたい方は別途公式サイトなどを確認する必要があります。

同じく新宿メトロ食堂街を構成していた店舗として、斜め向かいで肉の万世とその関連店舗が営業を行っていますが、こちらの店員の方にもお話を伺ってみた所、再開発によってお店がこの場所から消滅することは確定しているものの、閉店時期などについて決まっていることは無いとのことで、墨繪などのように移転して営業を継続するかなどの「判断」も、今の所行われていないとのことでした。

店舗リスト – 永坂更科 布屋太兵衛

広告