芸人の槙尾ユウスケさんらが運営する「カリガリマキオカリー」新宿3丁目の店舗が今月で閉店

新宿区の感染者数について(外部サイト)

カリガリマキオカリー46号店新宿駅東南改札から徒歩3分程度の所で営業しているLad’s 新宿店の中で、間借り形式でカレーの販売を行ってきたカリガリマキオカリーの46号店が、28日で閉店することになりました。

元々「カリガリ」として営業が始まった同店ですが、一旦閉店した後にかもめんたるの槙尾ユウスケさん、エルシャラカーニの山本しろうさんが運営に携わったことで現在の形になり、芸人の方やそのファンの方々がしばしば訪れるお店になりました。最近もシソンヌの長谷川忍さん、ウエストランドの井口浩之さん、マシンガンズの滝沢秀一さん、ニューヨークの嶋佐和也さんといった、テレビやショーレースなどの第一線に出続けている方が来店され、それぞれカレーを店内で召し上がったり、持ち帰って行く姿などが紹介されたりしていました。

店舗のTwitterでは過去にも閉店寸前であることが告知され、その際は何かしらの形で乗り越えられていたものの、2020年の9月から続けてきた店舗の運営が終了することになったようです。間借り形式ということもあり、平日の昼間にお店へ行くのは難しいかもしれませんが、出前館などでの宅配も行っているため、同店の味を楽しみたい方はこちらを活用する手段もあります。なお、四谷3丁目で営業する店舗についても、今月で閉店することが明らかにされています。


【新宿カリガリマキオカリー46号店の宅配】デリバリーなら出前館

広告