サブスクスタンドの「フラット」オープンから約10カ月で閉店

新宿区の感染者数について(外部サイト)

FLAT2020年10月より、小田急エースで営業を行っていたサブスクスタンドのフラットが、8月下旬で閉店いたしました。

店名の通り、サブスクリプション形式でプロテイン類やスムージーなどを提供しており、お店に通うだけで通常料金で毎回買うよりも安い価格で各種ドリンクなどを楽しめるようになっていました。ただ、閉店前にはクラフトビールの提供を取り止めたり、営業時間の短縮が行われたりと、お店を訪問できる機会そのものが事実上減少していました。

営業期間中には、めざましテレビなどの情報バラエティ番組で「サブスクにまつわる特集」で取り上げられるなどしていましたが、契約期間満了という理由で撤退し、移転なども行われずに営業を終了する形になりました。また、Twitterでは閉店に関する告知が行われず、小田急エースの公式サイトかInstagramでしか閉店の告知を確認できませんが、閉店1カ月前にあたる7月31日の時点で月額会員制のサービス提供が終了しており、8月からは通常のお店と同じタイプの飲料店として営業していたようです。



サブスクスタンド フラット(さぶすくすたんど ふらっと)|カフェ・喫茶

広告