ヤマダ電機跡地の「大塚家具クリアランス」3月21日で終了

新宿区の感染者数について(外部サイト)

新宿ユニカビルヤマダ電機LABI新宿東口館の閉店から半年が経過しようとしている中、新宿ユニカビルで期間限定という形で営業を実施していた大塚家具のアウトレット店舗が、来月で閉店することになったようです。

当初の発表では、大塚家具の大処分市という名目で、年末まで様々な割引商品の販売を行うという予定でした。その後、大処分市の「シリーズ」が数回にわたって継続され、現在に至るまで様々な家具を、通常よりも格安の形で販売していました。当初と比べると品ぞろえが変わっていますが、現在も絵画を最大9割引で販売するなど、ある意味破格のキャンペーンを行っております。

公式サイトでは3月21日までのラストチャンスという宣伝文句を広げられていましたが、店員の方に改めて伺ったところ、サイト情報通り3月21日で一連の販促活動はすべて終了し、大塚家具の売り場はこの場所からなくなるとのことでした。店内では当初から、割り引き後も価格が6桁台の家具などが数多く並んでいますが、元の価格はその数倍になることもあるため、今回が高級家具を同店で安く購入できる最後のチャンスになるかもしれません。


大塚家具最大級の「展示品・在庫品 大処分市」|家具・インテリアの大塚家具

広告