ケンタッキー新宿西口店「商品を渡すためのロッカー」を試験的に導入

新宿区内での感染者数の推移

ケンタッキー新宿西口店インターネットの通販の普及に伴って、マンションに宅配ボックスが設置されたり、お店に行くだけで出来立ての商品を受け取ることができたりするサービスが普及し始めていますが、その2つを合わせたような新サービスの試験が、ケンタッキーでスタートいたしました。

昨日から行われているのは「ロッカーを活用した商品の受け渡し」で、通常のレジ約1個分が丸ごとロッカースペースに変わっています。インターネット上で注文を受けると、店舗で注文された商品をロッカーに用意し、注文番号を入力することで、店員の方と直接やり取りを行うことなく、商品の受け渡しが完了します。このサービスは「配達代行」に従事している配達員の方も利用することを想定されていて、ロッカーから受け取った商品を注文者の指定した場所まで運ぶ、という手段でも使えるようです。

新宿区内では思い出横丁にある新宿西口店でのみ同サービスを利用できますが、他に隣接区の中野店、埼玉県の南浦和店、神奈川県の溝ノ口店でも同様のロッカーを用いたサービスが提供されているとのことです。また、現在の所終了時期については未定だそうです。

最新ニュース | ニュースリリース | 日本KFCホールディングス株式会社 KFC Holdings Japan, Ltd.

広告