ビュッフェ形式ではないヒルトン東京のスイーツフェア 7月からスタート

緊急事態宣言中の新宿駅周辺・西新宿などでの休業情報

ヒルトン東京緊急事態宣言が解除された事で、プールやテニスコート、一部のレストランの営業を再開したヒルトン東京ですが、7月からは毎年恒例となっている「西洋の童話」にちなんだスイーツのフェアを開催する予定になっています。

今年も行われるマリー・アントワネットの名前を冠したフェアですが、公式サイト上ではデザートビュッフェという紹介が行われているものの、今回はビュッフェ形式を廃止しています。代わりに実施されるのは、座席数を減らし、ワゴンによるデザートサービスと、シェフによるプレートサービスの2パターンのスイーツフェアで、希望のスイーツを都度オーダーする形が中心になるようです。入店時には「香水ボトル入りの消毒スプレー」を使用する必要があるということで、世界観を壊さないようにしつつも、感染対策に取り組む予定だそうです。

もちろん、スイーツの「特殊なデザイン」も従来のものと変わらず引き継がれており、バッグの形をしたケーキなどの、視覚でも楽しめるスイーツ類が提供されます。デザート形式のタイプ、ディナー形式のタイプともに9月30日まで行われるとのことですが、20日までに予約を行うと「先行予約扱い」になり、20%オフで楽しめます。

【公式】鳥籠スタンドとデザートワゴンで王妃のスイーツをお好きなだけ! 「マリー・アントワネット スイーツ・オートクチュール」 | 東京・新宿のホテルなら【ヒルトン東京】
・・【公式】ビーフ・ウェリントンやチーズワゴンも登場!華麗なるマリー・アントワネット デザート&ディナー | 東京・新宿のホテルなら【ヒルトン東京】

広告