デイリーヤマザキなどが営業していた第二雨宮ビル 約1年かけて解体予定

新宿区内での感染者数の推移

第二雨宮ビル新宿大ガードの近くにある、青梅街道沿いの中層ビル群を形成する1棟である第二雨宮ビルにて、今後解体工事が進められることになったようです。

先々月にデイリーヤマザキが閉店したばかりの同ビルですが、O-GUARD SHINJUKUが営業するまでは、ロゼッタストーンもこの場所をメインの営業所として使用していました。現在はどのテナントも稼働しておらず、看板部分以外は電気が通っていないような状態になっていて、広告用とみられるポスターの掲示スペースも1カ所しか使用されていません。

デイリーヤマザキが入っていた場所にあった貼り紙によると、解体工事のお知らせ自体は3月11日に掲示され、西新宿4丁目の十二社通り沿いに支社を構えている株式会社フジタが工事を手掛けるようです。解体は4月16日からスタート予定で、アスベストなどを約1カ月かけて除去しつつ、来年の3月31日までにビルの解体を完了させる予定になっています。

(仮称)第二雨宮ビル 解体工事の様子

広告