黒毛和牛を使用するローストビーフ大野 新宿店が本日オープン

新宿区内での感染者数の推移

ローストビーフ大野新宿中央通り商店街で営業を行っていたふらんす亭が閉店し、新しいお店に姿を変えたことをお伝えしましたが、アルタ近くで営業していたふらんす亭新宿東口店の跡地にも、新しくローストビーフの丼もの料理を提供するお店が、本日誕生しました。

今回オープンしたローストビーフ大野は、 秋葉原や池袋などで営業を行っているお店で、途中からお店の「大枠」を変えた洋食大野亭を含めると、新宿店が5店舗目となります。一押しのメニューにもなっているローストビーフ丼は、単純にご飯の上にローストビーフを盛り付けただけではなく、丼の上に山のような形を作り出し、真ん中に卵黄をトッピングするというタイプの盛り方になっているので、見た目でも楽しめる一品となっております。

素材となる牛肉は国産黒毛和牛を使用していることなどもアピールされていましたが、オープンの直前にお店を確認した時には、ローストビーフ丼以外のメニューについて特に紹介されていませんでした。ただ、入り口部分ではお祝いのお花が複数の企業などから送られてきており、中には小林幸子さんの名前もありました。なお、現在はLINEアカウントを使ったキャンペーンを実施中で、明後日までに友達登録をすることで、通常1600円のローストビーフ丼を1000円で提供してもらえます。


【新店情報】2020年1月19日『ローストビーフ大野新宿店』が新宿3丁目にオープン致します。 | 【公式】ローストビーフ大野 | 史上最高の肉の味わい方をあなたに

広告