新宿ピカデリーで京都アニメーションの作品を毎日上映する企画 23日からスタート

緊急事態宣言中の新宿駅周辺・西新宿などでの休業情報

新宿ピカデリー京都アニメーションで発生した放火殺人事件から1カ月が経過しましたが、新宿ピカデリーでは京都アニメーションが手掛けた様々な作品を上映するという企画が、23日からスタートいたします。

上映は日替わりの企画となっており、9月5日までの間に1日1回だけ1作品が上映されます。上映される映画は、EJアニメシアターの京都アニメーション特集でも上映されていたリズと青い鳥、Free!といった作品の他、けいおん!や中二病でも恋がしたい、響け!ユーフォニアム、聲の形といった作品を上映する予定です。

チケットの販売は通常の映画と同様で、上映の3日前から購入が可能となります。また、無料鑑賞クーポンや株主優待で貰えるチケットなどは利用できないとのことです。類似した企画はMOVIX 京都で「週替わり特集」という形で行われますが、別の劇場でも京都アニメーションの作品を上映するという企画を実施していくとのことです。なお、新宿ピカデリーのグッズ販売スペースでは、アニメイトと同様に募金箱を設定しています。

京都アニメーション映画作品 特集上映について | 新宿ピカデリー

新店舗の開店・イベント情報などは、更新頻度を下げつつ、配信を継続していきます。
お店への訪問・催しへの参加は、政府や自治体の自粛要請などを優先した上でご計画ください。

広告