西新宿3丁目複合計画だった「TSI新宿タワー」今月から本格稼働へ

広告

TSI新宿タワー長らく東京スタイルの営業所として稼働し、ビル解体後はとタイムズの駐車場としても使われていた再開発エリアに、住友不動産系列の建物であるTSI新宿タワーが作られ、今月から稼働を始める運びとなりました。

同ビルはオフィススペースとマンションエリアが合わさった、近年よく見かけるタイプのビルではあるのですが、マンションエリアは全て賃貸となっており、購入することはできないようです。共有部分自体はそこまで多くないのですが、宅配便の取次からハウスキーピング手配まで幅広く対応するコンシェルジュサービスの他、最上階である24階にはパーティールームが設けられています。

また、オフィススペースも特定の企業が入るわけではなく、BIZ SMART西新宿というコアワーキングスペースという形で提供されます。現時点では利用料金などは明らかにされていないものの、1日だけの利用、フリーアドレスのスペース、完全個室オフィスの用意という3タイプが展開される予定だそうです。また、こちらにも来客対応などを行うコンシェルジュサービスが付くとのことで、業務に集中して取り組むこともできそうです。

さらに積和不動産が管理する形でのレンタルスペース「マストレージ西新宿」も展開予定で、こちらは25日にオープンすると明記されています。料金こそ書いていませんでしたが、クレジット決済対応、空調設備や監視カメラによる管理体制など、西新宿では展開されていないキュラーズに近い形での充実した設備が整えられているようです。現在はキャンペーンも行っていて、内覧を予約した上で契約すると3カ月分の賃料が無料になるとのことです。

このタイプのビルでは1階部分に飲食店やコンビニなどが入る傾向が目立っているものの、現在の所明確にどのお店が入るかは発表されていません。ただ、TSI新宿タワー、BIZSMART西新宿の公式サイトではメルセデスベンツのショールームが合成画像という形で紹介されているため、現在はまっさらな状態のテナントが、数か月後に煌びやかな照明で飾られた自動車販売店に「変身」する可能性があります。

TSI新宿タワーの住居スペースは297戸あるのですが、現段階では252戸が空き部屋になっており、まだまだ住むスペースには十分な余裕があります。コンビニやスーパーなど、いずれの店舗も最低徒歩数分かかりますが、目の前には飲食店からホテルまでを完備した新宿パークタワーが存在し、今後西新宿3丁目の再開発が急速に進展すれば利便性は他の高級マンションに負けないクラスになるはずなので、4月などの節目に引っ越しを考えている方はこちらを検討してみるのも良いのではないでしょうか。

TSI新宿タワー
【当社管理】TSI新宿タワー|東京都新宿区のシャーメゾン【お部屋探しマスト(MAST)・賃貸情報】
TSI新宿タワー新築工事 建設地の様子


広告

広告

地域別新着記事