「新宿区に韓国人の施設」で保守系団体が東京都庁前でデモ(産経新聞より)

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

東京都が韓国人学校として使用するために、韓国政府へ区内の土地を貸し出すことになり、このことを批判する保守派の団体が東京都庁前でプラカードを掲げるなどのデモ活動を行いました。

デモはNEWoManの開業と同じ25日に行なわれ、チャンネル桜を立ち上げた水島総さんが幹事長を務める頑張れ日本!全国行動委員会が主催しました。以前までは東京都立市ヶ谷商業高校の校舎として使用され、現在は新宿区立愛日小学校が使用している敷地ですが、産経新聞によるとこれまでに保育所の整備に使うべきだという意見などが都に3000件以上寄せられていると報じています。舛添知事は批判意見があることについて、都の人口などを持ち出した上で反論するなどしており、方針転換することはないようです。

ただ、いわゆる保守派と呼ばれる人の多い2ちゃんねるのコミュニティなどでは、この話題が報道されるまで「「保育園落ちた」のブログは左派や共産党によるキャンペーン」という見方をしている意見が少なくなく、保守派の方々の中でも保育園を巡る議論自体は、別の意味で意見が割れているようです。また、本日も柏木公園をスタート地点とした舛添都知事に対するデモ活動が行なわれていましたが、プラカードの中で法整備が国の管轄となっているはずの入管特例法について言及するなど、TPPに反対するデモの時と同じく、1つのテーマを街中で訴えるという形ではなかったようです。

【韓国人学校に都有地貸与】都庁前でデモ、批判3千件超が殺到 舛添知事は「撤回しない」 – 産経ニュース
・最新情報|頑張れ日本!全国行動委員会
舛添都知事リコールデモin新宿(日侵会) – 2016/03/26 15:30開始 – ニコニコ生放送

広告