平和祈念展示資料館 移転のために年末から3月初旬まで休館

広告

平和祈念展示資料館大規模改修工事の開始から1年半が経過し、現在は入り口部分にクリスマスシーズンらしい電飾が行われている新宿住友ビルですが、同ビルの48階にある平和祈念展示資料館が移転します。

移転先は同じビル内ではありますが、現在の場所から15フロア下に位置する33階へと移ることになります。ただ、オフィスが移転するのとは事情が違うこともあってか、移転にはそれなりに時間がかかるようで、今月末の28日から休館し、来年の3月3日に新しい平和祈念展示資料館としてオープンする予定になっているとのことです。ちなみに、都庁前駅に止まる直前のアナウンスではフロア数までは案内されていないので、こちらが「リニューアル」する可能性は低いかもしれません。

オープン日となる3月3日から5日までの3日間はオープン記念のイベントが行われる予定で、増田弘名誉館長を始めとした識者の方による講演会、シベリア抑留を経験した方による語り部お話し会、学芸員によるガイドツアーが開催されるとのことです。

平和祈念展示資料館


広告

広告

地域別新着記事