世田谷の「杉山産婦人科」来月から順次新宿に移転へ

広告

杉山産婦人科山手新宿ビルでは、来年1月より杉山産婦人科という病院が開業することになり、自動ドアに当たる部分にてスタッフ募集などの貼り紙が掲示されています。

杉山産婦人科は、現在丸の内と世田谷に拠点を置いている病院だそうですが、新宿では世田谷での生殖医療科の機能を移設していく形になるようで、世田谷で受精卵などの凍結保存を行っている患者さんなどは、1月から新宿に行く必要があるとのことです。また、世田谷での採卵や移植は12月中に取りやめになり、今後新宿でこれらの施術を行っていく予定です。

世田谷の杉山産婦人科は産科としての機能だけを残す形になるようで、人工授精を始めとする不妊治療関係の診療は、今後新宿で行っていくことになるとのことです。診療の内容にもよりますが、診療時間は8時30分から19時まで、実質年中無休となっているため、フレックス勤務などが可能な方は平日でも通院がしやすい環境となっています。なお、山手新宿ビルに入居するテナントは、現状同医院のみが明らかになっていて、ネット上を検索しても同ビルにオープンするお店や移転する会社などは確認できませんでした。


東京都新宿区 杉山産婦人科 新宿
新宿新病院移転に関して – PDF


広告

広告

地域別新着記事