小田急百貨店で「Chocolat×Chocolat」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区内での感染者数の推移

小田急百貨店小田急百貨店では、高島屋と同じ2月14日までの期間限定で、Chocolat×Chocolatというバレンタインに絡めたフェアが開催されています。

高島屋でのフェアと違い、何か有名な作品などと百貨店単位でコラボするといった事は行なわれていませんが、数多くのキャラクターもののチョコレートなどが販売されており、例えばキキララやスヌーピー(ピーナッツ)のようなかわいらしいキャラクターから、仰向けに寝そべっている非常にリアルな豚まで、様々な種類が用意されています。また、高級ブランド品からのチョコも多く、サロン・デュ・ショコラでも出店していたゴディバ、本館1階で高級感漂う店舗を展開しているブルガリ、フランスの老舗店舗の1つにも数えられるマゼなどが、それぞれの特徴を出したチョコレートなどを販売していました。

通常の物産展であればイートインコーナーは会場奥や壁際に設置されていますが、Chocolat×Chocolatではチョコの販売スペースが会場の9割程度を占めており、イートインコーナーと言える部分はサマーバードオーガニックが出店しているエスカレーターとエレベーターの間に挟まれた空間のみでした。なお、バレンタインデーが1週間前に迫る2月8日から10日までの3日間は、多くの人にチョコを渡す人のために、先着で付箋をプレゼントするというサービスも行われる予定です。

・小田急のバレンタイン | 小田急百貨店

広告