misonoさんの「自虐」も 第41回新宿三井ビル会社対抗のど自慢大会の様子

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

新宿三井ビル会社対抗のど自慢大会新宿三井ビルでは、毎年恒例となっている会社対抗のど自慢大会が昨日までの3日間にわたって開催されました

毎年仮装大会のようにコスプレを行った上で行われる今大会では、今年も奇抜な雰囲気や曲に合わせたコスプレなどが行なわれており、乃木坂46のデビュー曲であるおいでシャンプーをイメージしたと思われる制服風の衣装から、ワンピースのルフィと同じコーディネートの服装まで「次元」を問わず様々な服装で大会に挑まれていました。直近20年以内の曲が大半を占める中、優勝をしたのは三井不動産リースの女性で、葛城ユキのボヘミアンを歌われていました。

イベントの終盤ではスペシャルゲストとして紹介されていたmisonoさんが登場し、mihimaru GTの気分上々↑↑などを若干モノマネを入れながら歌われました。また、MCの合間にはネット上でのバッシングをしばしばネタにしており「5千枚しかCD売れなかった」「Twitterで叩かれる」といったネガティブな発言もされていました。披露した楽曲の中にはday after tomorrowの頃のようなしっとりとした曲調のものもあったものの、とんちんかんちん一休さんの歌詞では「ネットニュースは気にしない」といった替え歌を行うなど、お笑いの要素もふんだんに含んだライブでした。

misono

決勝に進んだ各チームの代表を含めても、おそらく最も身長が低かったかもしれませんが、小柄な体からは考えられないほどパワフルな歌声を披露していました。


広告

広告

地域別新着記事