「プリキュアファン」の大学生 新宿バルト9に爆破予告(FNNより)

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

今年の3月にTwitter上で新宿バルト9を名指しし、映画館の爆破予告を行ったとして、大学生の大滝郁弥容疑者が逮捕されました。

爆破予告自体は映画館の公式Twitterなどに向けられて行われたわけではなく、映画として上映されるアニメの関係者に対してだそうで、館内の複数箇所に爆弾を仕掛けたとのニュアンスのツイートが行われていたとのことです。警視庁はバルト9で爆破物捜索のための検査なども行ったそうですが、危険物に当たるものは見つからず、今日に至るまでバルト9は「平常運転」を行っています。

大滝容疑者は爆破予告を認めているそうですが、元々爆破予告を行うきっかけになったプリキュアシリーズのファンだったそうで「前向きなキャラクターが羨ましくなり、好きな気持ちが嫉妬に変わった」というニュアンスの、少し不思議な供述を行っています。なお、今回逮捕された容疑以外にも、別のアカウントか投稿にて爆破予告の類の発言を行ったともされており、新宿警察署の四谷署が、他の案件についても調べているそうです。

・「映画館に爆弾仕掛けた」とツイッター投稿の疑い 大学生逮捕
・プリキュア上映館に爆破予告=「好きな気持ちが嫉妬に」-22歳大学生逮捕・警視庁


広告

広告

地域別新着記事