新宿中央公園 水の広場で「水と緑のEvening Bar」を実施中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

水と緑のEvening Bar新宿中央公園では、新宿ナイアガラの滝を見ながらビールや食べ物を楽しめる「水と緑のEvening Bar」を開催しています。

昨年発生したエボラ熱の「発生源」の1つになり、一時は単なる無機質な広場になっていましたが、イベントが開始されてから連日賑わいを見せています。大牛肉博と比較してみると座席数は半分程度しかありませんが、近隣に勤めていると思われるスーツ姿の男性などがビールを楽しんでいます。また、ナイアガラの滝近くにあるステージでは音楽の演奏なども行われ、お客さんとして訪れたと思われる男女のペアが曲に合わせてダンスを踊っていました。

道路側には木箱のようなものが積み上がっており、周囲を規制線で囲んでいるスペースがありますが、こちらでは今月開催される新宿クリエイターズフェスタで展示される作品の用意が進められています。展示される作品は歌舞伎町に誕生したTOHOシネマズにちなんでか、砂でゴジラを制作していく予定です。ビアガーデン自体は日曜日から火曜日、8月8日と22日を除き、29日まで開催されます。

水と緑のEvening Bar!!!

広告