新宿アイランドタワークリニックを運営する医療法人の創業者らを再逮捕(産経新聞より)

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

約1カ月ほど前に新宿アイランドタワークリニックの関係者らが脱税容疑で逮捕される事件がありましたが、東京地検特捜部は逮捕された3人について民事再生法違反の容疑が固まったため、再逮捕を行いました。

新宿アイランドタワークリニックを運営している医療法人の萌永会を創業したり、理事を担当していた森下信夫容疑者ら3人は、2010年の萌永会破産時に、萌永会の口座にあった約9億円の財産を、森下容疑者らが関与している別の企業の口座に移し替えるなどして、資金を隠した疑いが持たれています。隠した財産については「業者への宣伝費に使った」と説明していたそうですが、脱税容疑の時と同様、交遊費などに使われていたとみられています。

逮捕のきっかけとなった脱税容疑については、2億円以上の資金を隠したとして東京地検側が3人全員を起訴しています。ちなみに、新宿アイランドタワークリニックの公式サイトはこれらの件についても特に触れられておらず「ニュース」の最新情報にはサイトをリニューアルしたことを記念する直毛の割引キャンペーンのお知らせが掲載されていました。

植毛病院の元実質経営者を再逮捕、民事再生中に財産隠す 脱税罪でも起訴
・民事再生中に財産隠す 医療法人の創業者ら再逮捕

広告