新宿アイランドタワークリニックの創業者らを脱税容疑で逮捕(読売新聞より)

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

新宿アイランドタワー新宿アイランドタワークリニックを運営する医療法人が、約5000万円の法人税を脱税したとして、クリニックを運営する医療法人に関与している3人が逮捕されました。

新宿アイランドタワークリニックを運営する医療法人の創業者らを再逮捕(産経新聞より)

今回逮捕されたのは実質的な経営者で創業者の森下信夫容疑者、同法人で理事を務める田幡陽一容疑者、財務を担当する金浦千秋容疑者で、民事再生手続きを終えた2013年から医療法人の利益を約2億円圧縮したとされています。「関係者」を名乗る人への取材によると、森下容疑者は脱税したお金を生活費として使っていたとされています。

アイランドタワークリニックは植毛に関する業務を担うクリニックで、主に男性向けの薄毛治療を専門としています。この報道により、お昼ごろは同クリニックのサイトがサーバーダウンを引き起こすなどしていましたが、現在のところ、サイトは普及しています。今のところサイト上に今回の件に関する謝罪などはなく、ニュース、メディア掲載情報などは「通常通り」の告知枠になっていました。

・薄毛治療大手、5千万円脱税か…創業者ら逮捕
・“植毛クリニック”脱税 実質的経営者逮捕
植毛シェアNo.1のアイランドタワークリニック

広告