君の名は。の「聖地同士を結ぶ高速バス」今月から増便(読売新聞より)

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

西新宿6丁目今年のアニメーション作品の代表作にまで上り詰めたとも言える新海誠監督の「君の名は。」ですが、作中に出てくる聖地として、西新宿1丁目や新宿駅を中心に新宿区内の複数のスポットが登場しています。そんな中、劇中でもほんの少しだけ登場したバスタ新宿と、登場人物の1人が住んでいることを示唆する飛騨古川市内を結ぶ高速バスが、今月から増便されています。

京王電鉄バスと濃飛バスが合同という形で運行しているこのバスは、これまでも都内を走る京王バスなどで飛騨高山行きなどを頻繁に宣伝していました。が、先々月から既存の路線とは別に飛騨古川行きの運行をスタートさせ、この度増便に踏み切ることになりました。ちなみに、今回配信されている記事でもそうですが、飛騨古川行きの運行が始まってからも、京王電鉄バスは「君の名は。の影響や効果を受けて運行を始めた」というような直接的な宣伝は一貫して行っていないようです。

なお、深夜バスという形でも運行が行われており、最短で約5時間30分かかる予定だとのことです。また、増便されたのはバスタ新宿発の便だけで、新宿への往路はこれまで通り1便だけとなっていますので、自前でレンタカーを借りたりしない限り、ほぼ確実に1泊2日の旅行になることを計画した上で「聖地巡礼」を行ったほうが良いかもしれません。

高山・平湯温泉~新宿線|高速バス | 濃飛バス公式サイト
・「君の名は。」聖地へ新宿発のバスを増便 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


広告

広告

地域別新着記事